当団体の特徴・各コースについて

修正1.jpg

カンガルーBLSの特徴
 当団体は、以下のような独自の活動を行っています。

①プロの医療従事者から一般市民また子どもまで、レベルに合った講習会の提供

②一人でも参加可能。人数を問わず実施。

③各施設・団体の要望や状況に沿った最良の講習会の提案


誰でも出来る、を目指す。
 わたしたちは心肺蘇生法を学ぶ人を限定しません。
 小学生であろうと、シニアであろうと、勇気があればバイスタンダーになれると信じています。

 また、人数を問わず講習会を実践できるように努めています。

 施設や団体で心肺蘇生法や緊急時の対応を学びたいがどうしたらよいか分からない、
 子どもがいる親で集まって応急処置や救急対応を学びたい、
 学生で集まって心肺蘇生法を学びたい、
 などのご相談もお受けしています。


CIMG1743.JPG

IMG_9368.jpg

一般市民対象の国際BLSコース
 カンガルーBLSではAHA(アメリカ心臓協会)認定のBLSヘルスケアプロバイダーコースを定期開催。
 このコースでは、BLS(Basic life suppurt 一次救命処置)を学びます。4時間30分ほどで、成人・小児・乳児の心肺蘇生法、乳児の窒息解除法をビデオと人形を使って学びます。
 実技、筆記試験があり、筆記試験では25問中21問以上正解で合格となります。
 難しいように感じるかもしれませんが、医療に携わらない一般市民の方でも充分に理解でき取得できる国際ライセンスです。
 国際ライセンスカードと共に、心肺蘇生法が出来るという自信を獲得しませんか?



医療従事者向け講習会
 当団体はBLSディレクターを有し、AHA(アメリカ心臓協会)から認可され、単独コース開催を行っています。
 医師、看護師、救命士、放射線技師、医療クラークなど、医療に携わる方を対象とした以下のコースを実施し、受講後合格者にライセンスの発行をします。

 実施しているコースは、

 AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコース
 AHA-ハートセイバーAED
 AHA-ハートセイバーファーストエイド  など

 AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコースは特に力を入れて取り組んでおり、定期開催もしております。


HP2.JPG

IMG_5198[1] (2).jpg

乳児・小児の救急講座
 子どもを持つ親に向け、乳児・小児の救急講座を開催しています。
 夏場には熱中症の対応、冬場には食中毒の対応といった季節の病気の対応や、乳児・小児がよく出会う病気の対応に加え、
 窒息を含む緊急時の対応の実技講習を行っています。

「事前の知識がなくても大丈夫!」をモットーにしています。



あらゆる施設の特徴を活かして
 施設や団体によって必要な技術や知識は異なります。
 カンガルーBLSではご依頼のあった施設や団体の状況や特徴にあわせた救急処置の講習会を一緒に提案します。
 講習会の内容に関してはお問い合わせください。


 例えば…

 保育園、幼稚園、習い事教室など保育・教育現場なら乳児・小児の緊急処置に力を入れて。
 老人ホーム・通所介護サービス施設などならば、窒息や急病時の処置に力を入れて。
 スポーツジム・宿泊施設などならば、脱水や怪我の処置に力を入れて…、
 様々なご要望を一緒に検討します。


1234767_668827869813559_1720075698_n (2).jpg

詳しくは.png

ご案内のチラシ
カンガルーBLSの活動を1枚にまとめた画像です
ご紹介などにご使用ください
annai.jpg
LinkIconダウンロード版はこちら